マキシマリストの亭主と同居するのが怖いけれど

ホールが汚らしいため、刺激がたまっていらっしゃる。
でも、補修はできない。汚い建物ふる里だから。
ポッチャリ。これも、ホールが汚らしいことと関係している。
まとまりたい。綺麗なホールに住みたい。
でも、我家には雑貨が多すぎて、補修ができない。
捨ててやりたいが、その前に、補修望める自分になるのが角です。
だから、助手君に来てもらう。
助手君がくれば、なんとかなるだろう。
ご飯も作ってもらえるといいなあ。
副食だけでも・・・。
がんらい世帯を全然取り止めるところに、疾患になってしまって、もう一度建物が汚くなった。
引っ越してきた時は、端麗だったのに、4階級でさっさと汚れた。
でもまずは、ミニマリストに罹る。まずは、雑貨の無理強い分量を燃やす。
まずはウェアです。タンスにしまおう。
ホールの家財を持って行ってもらおう。
あとは、補修は助手君に手伝ってもらおう。
そして、マキシマリストの主人と攻防を繰り広げながら、すくないもので過ごすのだ。キャッシング金融