梅雨ですね、タバコ所に残る木製の椅子からキノコが・・・

梅雨のせいか、だるい太陽が続きます。家に帰ると共に除湿を入れないと、汗が滝の様に出ます。ジメジメ、ムシムシとぴったりサウナ状態ですが、熱い風呂に入るとさっぱりして、除湿の独特が心地よいだ。アトリエは室温が著しいのでぐっすり冷えていますが、心持ち寒いだ。そんなある日、たばこを吸おうとタバコ所に行ったらいつもは丸っこい木製の椅子がいびつな姿をしているのに気がつきました。何?とよく見ると、キノコ。一刻眼を勘ぐりましたが一番キノコ。しかもいとも大きいヒトが一環ポコンと。キノコと言ったら山野の木の根っこに現れる売り物だという自然を覆されました。到底大都市の、しかもタバコ箇所の最初図形の何の変哲も乏しい木製の椅子にキノコが生えるなんて誰が想像できるでしょうか。一先ず、管理人さんに「あの・・・キノコ生えてるんすけど」と言った店頭、最初は疑心暗鬼だった管理人さんを連れタバコ所へ。キノコを見ると「あんな大都市でも生えるんですねー意外と、無害そうですしそのままにください」と管理人室に戻っていきました。キノコの怪奇を感じた一幕でした。