読者時間は毎日の疲れと癒しに大切な処方箋

専業主婦をしておりますので、読者は唯一の自分の世界に入り込める空間です。
疲れていても、眠る前に読者に没頭し、その世界観にひたりながら、眠りにつける事が幸せです。
おもしろければ、どんな本でも読んでみたいです。
恋愛マンガを読めばキュンキュンし、ミステリー小説を読めばハラハラドキドキ。
ファンタジー系では限りない想像力で世界を作り、歴史ものでは、はるか昔のできごとなのにものすごく夢をみます。
小さい頃から本が好きで、図書館にある本全てを読むのが目標でした。
読者は読みはじめるまでが、腰がおもいです。
が、読みはじめると、とまることができなくなります。
当たり外れも多いし、読んでみたい本がたくさんあります。
本当に時間があるのなら、1週間程引きこもって読者三昧の生活をしてみたいですが。
専業主婦2人の子どもがいるので、今は、眠る前1時間程度の幸せをかみしめております。
どんなジャンルでも自分の空想の世界を作れるのは読者以外ないと思います。

ゴールデンウィークこそ競馬場へいきたい!

ゴールデンウィーク。
世間では連休で、私も連休だ。
9連休などではないが、
暦通りの連休で、いいリフレッシュに
なればと思う。

毎年ゴールデンウィークは、
各地の競馬場に足を運ぶ。
去年は船橋と新潟に行って、レースももちろんだが
競馬場グルメも楽しめた。
連休の競馬場はそんなに混んでるわけでもない。
家族連れのお父さんも、
お母さんや子どもを連れてこれる
家族内での権力はないように思う。
いつもの日曜日の方が混んでるくらいだ。

今年も、船橋と新潟を考えていたのだが、
最高にお金がない…
今まで生きてきた中でも一番の貧乏かもしれない。
貧乏は精神的にも余裕がない。
休みなのに、好きなこともできず、
こうやって日記やブログを書きながら
小銭を少し頂きながら
1日1日を過ごす…

家にあるハズレ馬券が
全部当たっているなら…
今ごろ私は競馬場で美味しいものを食べて、
優雅な連休を過ごしていただろう。

こんな連休をもう2度と過ごさない為にも
真面目に仕事してお金大事にしよう。