Windows10になってからタスクマネージャーを常に監視するようになった。

Windowsのバージョンが上がっていくたびに、タスクマネージャーを多用することが多くなっていると思う。
このタスクマネージャを立ち上げて、中身を見ていくと何故今パソコンが遅いのか、メモリーを開放してあげなきゃいけないのか等様々な現在のコンピューターの状態が分かったり原因を追究出来たりするから便利だ。
嫌、便利というよりはこのタスクマネージャを立ち上げなきゃいけない状態にもっていくという場合はなにかしらの不満やストレスが発生していると思って間違いない。
例えば、7であればいきなり警告のポップアップが出てWindowもとじれない状況に陥った時には、タスクマネージャを立ち上げてこのタスクを強制終了することで解決したわけだ。この辺は初級者であればあまりタスクマネージャーの見方はわからないだろうし、停止させたり対処の仕方が分かるまでには時間がかかるしやってはいけない事も存在する。もっとも、10になってから複雑になっているんだけどむしろ頻繁にこの機能を使っているから逆に問題点が見えるんだよな。海宝の力 500円